個人の保険

 これまで生命保険は、知人や知人から紹介された保険セールスから加入するケースが多かった為に、お任せで契約をしてしまい、自分ではその内容についてよくわかっていなかったり、間違った理解をされている方がたくさんいらっしゃいました。
 そんな時代でしたので、自ら進んで保険に加入する人などはごくわずかであったと思われます。

 しかし、時代は変わり、ネットからの情報収集が簡単に出来たり、複数の保険会社を扱う来店型保険代理店の登場などもあって、最近では保険代理店に自ら出向いて、積極的に保険加入や見直しをする人も増えて来ました。

 保険というカタチのない物に長い期間お金を払い続けるわけですから、内容をちゃんと理解した上で加入をするのは当たり前の行動なので、近年の傾向は本来あるべき姿に戻ったと言えるでしょう。

 ネット情報や来店型代理店などで、複数の保険会社の商品を比較出来るようになり、以前よりは自分に合う商品を見つけやすくはなりましたが、限られた予算の中で何を優先すればよいかなどを自分で判断するのは、意外と難しいのではないでしょうか。
 色々と調べてプランを作ってはみたけれど、本当にそれでいいのか自信が持てなかったり、
 不安に感じる事柄に次々と特約を付加していったら、かなり高額の保険料を毎月支払わなければならなくなったりで悩まれるのではないかと思います。

 保険本来の目的とは「失った時に大きなダメージを負うものを補うため」のものですから、まずはダメージの大きいものを明確にして、保険に支払うことのできる予算の中での優先順位を決めましょう。
 そして、ダメージの小さなものについては保険加入を見送ることも検討します。
なぜなら、ダメージの小さなものについては、保険会社から支払ってもらわなくても、自分の蓄えから支出することが出来れば済む問題もあるからです。

 CMで盛んに宣伝している医療保険などは、加入していないと本当に大変な事になるかどうかを一度考えてみてください。
 この国には国民皆保険と呼ばれる公的医療保険がありますから、かなりの部分はこれで賄えるはずです。

 人は、もらえるお金ばかりに気を取られがちですが、支払う保険料とのバランスで考えると見えてくるものがあるはずです。

 ご相談くだされば、家計の中で負担にならない保険料支出で「本当に必要なもの」をカバーするプランをご提供いたします。

[取扱保険会社]

生命保険

アフラック
ソニー生命
東京海上日動あんしん生命
エヌエヌ生命
アクサ生命
日本生命
SOMPOひまわり生命
ジブラルタ生命
三井住友海上あいおい生命
ニッセイ・ウェルス生命
マニュライフ生命
明治安田生命
第一生命
ネオファースト生命

損害保険

あいおいニッセイ同和損害保険
セコム損害保険