法人の保険

 法人で保険に加入する目的としては、事業保障、退職金の準備、福利厚生など様々なものがあります。
 経営者に万一のことがあった場合にも事業を継続できるようにする「事業保障プラン」、保障を兼ねながら退職金を準備する「退職金積立てプラン」、従業員の病気や死亡に備える「福利厚生プラン」などがあります。
 いずれも、万一の際には保険が損失をカバーしてくれるものなので、その法人のニーズに合うようにプランニングされていることが重要です。

 それから、経営者の多くの関心事は、「節税になる保険」なのではないでしょうか。
 せっかく努力して得た利益なのに、大半を税金で持っていかれてしまうのは、経営者としてはけっして面白いことではないはずですから。

 しかし、節税になるからと勧められ、法人向保険に加入をしたのはいいけれど、出口の戦略がしっかりとしていなかった為に、解約時にまとめて課税されてしまい、結果としては加入した意味がなかったという話をよく耳にします。

 保険を活用する際には、商品ありきで考えるのではなく、「保険特有の仕組みを活用した」入口から出口に至るまでを緻密にプランニングされたものでなければ、加入する意味がなかったということにもなりかねませんから注意が必要です。

 また、これまで節税に有効であった保険商品が税務当局からの制限を受けて、かつてのようなメリットを享受できなくなったと半ば諦めている人が多いようですが、保険はその「使い方」で価値が変わるものです。
 まだまだ保険を活用して出来ることはたくさんありますから、その「使い方」についてご相談ください。

 大切な会社を守るためには、保険の「使い方」をよく検討して業績の厳しい時のために備えておくことが大切です。

[取扱保険会社]

生命保険

アフラック
ソニー生命
東京海上日動あんしん生命
エヌエヌ生命
アクサ生命
日本生命
SOMPOひまわり生命
ジブラルタ生命
三井住友海上あいおい生命
ニッセイ・ウェルス生命
マニュライフ生命 明治安田生命
第一生命
ネオファースト生命

損害保険

あいおいニッセイ同和損害保険
セコム損害保険